ASKからのお知らせ

2017/08/09

アスク烏丸オフィスのコミュニケーション講座を受講しませんか?|京都

(1)職場定着にはコミュニケーションが欠かせません。 

長く安定して働くためには、コミュニケーションスキルの向上が大切だと言われています。 

その理由は、コミュニケーションは、職場の人間関係を良好にし、業務を円滑に進めていくために必要不可欠だからです。コミュニケーションが不足すると仕事上の報告や相談もうまくできず、情報・意見交換や業務に支障をきたし、働く人の「心の健康」に大きな影響を与えることにもなりかねません。 

「言われたことはするが、自分から進んではしない」「会議で発言したり提案したりすることが少ない」「困ったことがあっても先輩や同僚に相談しない」などコミュニケーション不足の方が増えているようです。一方、職場の先輩が成長を願って指導したつもりでも「怒られた」「もう自分はダメだ」とすぐ挫折してしまう方もいらっしゃるようです。 

社員の定着率を高め、組織を活性化していくために必要なことはコミュニケーションです。新入社員を勇気づけ、業務が停滞している社員や悩みを抱えている社員を立ち直らせるきっかけづくりにもコミュニケーションが欠かせません。 

(2)良いコミュニケーションとは 

話し上手な人が必ずしもコミュニケーション能力が高いとは限りません。コミュニケーションとは、相手との意思疎通を図ることで、そこに相手を理解する意識がないと成立しないからです。 

コミュニケーション能力を高めるためには、話を聴いて理解するだけでなく、ノンバーバルコミュニケーションといわれている、相手の態度や表情、沈黙にも注意を払うことで、相手が何を伝えようとしているかを汲み取る必要があります。 

また、相手に話してもらうように心がけることも大切です。自分だけ一方的に話しかけることはコミュニケーションとは言えません。職場の上司や同僚にとっては、部下や同僚の話を如何に聴けるかがポイントとなります。人の話を聴くことができない人は、貴重な情報や提言を聞く機会を失っていることに気づかないのかもしれません。 

(3)コミュニケーションスキルを向上させるためには 

コミュニケーションはよく野球のキャッチボールに例えられます。お互いに協力しないとうまく行かないものです。相手が取れない球を投げると捕球出来ないように、他人とのコミュニケーションでも相手が理解できない話をしては、自分の意思を伝えることができません。話し手も聞き手も、うまく意思の疎通が図れるように工夫する必要があります。 

コミュニケーションスキルを向上させるためには、訓練が必要です。指示を理解したり、判断したりするのが苦手な方、得意なことと不得意なことに大きく偏りがある方、自分の行動をコントロールするのが苦手な方、人とのコミュニケーションが苦手な方、心が不安定な方などは、アスク烏丸オフィスのコミュニケーション講座(『SST』)を受講されることをお勧めします。 

アスク烏丸オフィスの訓練プログラム表烏丸プログラム表

コミュニケーション講座の申し込みはこちらのチラシをご覧ください。⇒就労移行支援アスク烏丸オフィス コミュニケーションスキルアップ講座