ASKからのお知らせ

2017/08/31

就労移行 アスク烏丸オフィス 9月無料見学・体験会実施のお知らせ|京都

就労移行支援事業所アスクのスタッフ笹谷です。

まだまだ暑い日が続きますが、皆様はお変わりなくお過ごしでしょうか。おかげさまで当事業所のスタッフ一同、暑さに負けずに就労支援に専念しております。

京都にお住まいの方ならよくご存知のことと思います。京都の夏の終わりを告げる最大で最後のイベントと言えば「地蔵盆」でしょう。

「地蔵盆」は、関西では広く行われている行事の一つですが、昔と比べるとずいぶん様変わりしているようです。

お地蔵様は、子どもの守り仏として古くから信仰されていました。平安時代以降には阿弥陀信仰と結びつき、地蔵信仰が民間に広がり、道祖神と同じように村を守る役割も果たすようになります。そして、地獄の鬼から子供を救うとして子供の守護神ともなり、現在にいたっています。

そこから全国に地蔵信仰が広がり、街角や村はずれなどの道端に石地蔵がお祭されるようになったようです。しかし地蔵盆のように盛大にお祭りするところはおもに関西周辺に限られています。

私の住んでいる地域では、8月24日頃の3日間に、各町内で地蔵盆の行事が行われますが、最近では24日に近い土・日曜日に振り替えて行ったり、1日に短縮したりする町内が増えています。

私の子供のころは、地蔵菩薩の前で、数珠回しやお菓子を食べながらゲームなどの遊びに興じたり、紙芝居、福引きなどが行われたりして、にぎやかな子供たちの声が聞こえてきたものでした。しかし、今は、少子高齢化のため「爺・婆盆」になる町内が増えています。

少子高齢化は伝統行事の継承にも大きな影を落としています。消えかかっている伝統行事を受け継ぐことは、日本の文化を継承することになります。古く良き日本の文化を残すために、伝統行事の継続を真剣に考えなければならない時期が来ているようです。

さて、9月のアスク烏丸オフィスの「無料見学・体験会」は、別紙のチラシに記載した日程で実施いたします。就労移行支援制度に興味のある方、訓練プログラムを体験してみたい方、就職や仕事についてお悩み事がある方は、アスク烏丸オフィスへお越しください。また、ご家族や教育機関、支援機関、医療機関の方々の見学もお待ちいたしております。

☆9月のアスク烏丸オフィスの「無料見学・体験会」実施日程及び申し込み方法は

「無料見学・体験会」のチラシをご覧ください。⇒烏丸:見学・体験講座 9月

※見学・体験は無料です。

※無料個別相談(要予約)は随時を受け付けております。

まずはお気軽にお電話・メール・ファクシミリでお問合せ下さい。

*相談内容や個人情報につきましては秘密を堅く守りますので、ご安心ください。