ASKからのお知らせ

2016/10/25

京都就労移行アスク烏丸オフィス 就活アドバイザーによる無料就活「なんでも」相談<まずはお電話で>

★障がい者雇用の現状

平成28年4月に新たな障害者雇用促進法が施行されています。改正法では「精神障がい者」も障がい者枠に入り、障害者の差別禁止も加えられており、障がい者雇用を促進する工夫がされています。また、法定雇用率は平成25年度に2%に引き上げられ、平成30年度には法定雇用率のさらなる引き上げが予想されます。

政府も本腰を入れて障がいのある方の雇用が進むように、環境整備を行っておりますが、現状はどのようになっているのでしょうか。

厚生労働省の発表による平成26年度の障がい者雇用数は43万1,225人と、対前年比で5.4%、10年単位の比較では1.6倍と、年々増加しています。但し、民間企業の実雇用率は1.82%で目標の2.0%には届いていません。また、法定雇用率を上回っている企業の割合も44.7%で、こちらも半分以上の企業が目標に到達していません。

障がい種類別の障がい者雇用数の増減を平成18年度と比較してみると、身体障がい者が7.5万人増、知的障がい者が4.6万人増、精神障がい者が2.6万人増となり、精神障がい者の雇用が進んでいないことがわかります。

前述の結果について私見を述べますと、これまでの大多数の企業では、「上肢下肢などの障害の軽い人」の採用を進めてきていたが、政府の障がい者雇用環境の整備等や優秀な人材確保のために、これからは知的障がいの方や精神障がいの方の採用を進めなければならなくなったことで、精神障がい者の雇用者数が伸び出したように思われます。したがって、これからは精神障がいのある方にとっては、就職のチャンスが広がることが十分に予測されます。

「就活イラスト」の画像検索結果

★障がいをお持ちの方の就職活動

面接では、相手によい印象を与えるためには、身だしなみとあいさつが大切だと言われます。そして、はっきりした声で、あいさつをすることです。などとマニュアル化されています。
自分の希望や適性に合った企業へ就職するためには、情報収集や準備などの対策も欠かせません。また、長く働き続けるためには、ビジネスマナーや実務能力も必要です。就職するためには、様々な課題を乗り越える必要があるのです。
やりたいことが分からない。コミュニケーションが苦手だ。就職したが長続きしないなど就職活動でお困りではありませんか。

一人ではうまく進められない就職活動も「就職予備校=就労移行支援事業所アスク」に通所し、生活のリズムを整えて働く習慣を身に付け、訓練プログラムで就職力をアップさせ、履歴書の書き方や面接指導なども含む就労コンサルタントによる細かい就労サポートを受けることで、一般企業で働くことができる人材へと成長することが可能になります。

まずは、ご相談ください。 就活アドバイザーによる無料就活相談

2016/10/20

就労移行支援事業所は第2のハローワーク<ASK烏丸を障がい者雇用に活用してください。>

障がい者雇用では、障がい者の採用は進めているが、なかなか良い人材が見つからないという話をよく聞きます。
2018年度からは法定雇用率の引き上げが予測されます。また、精神障がい者の雇用義務化が実施される予定です。企業で障がい者の採用を担当されている方のお悩みは増すばかりです。

特に2018年度から始まる精神障がいをお持ちの方の雇用義務化では、精神障がいのある方を雇用することについては、まだ精神障がいをお持ちの方を採用したことがない企業や、採用してもなかなか職場に定着していただけなかった企業では、不安が大きいことだと思われます。

ところで「就労移行支援事業所」をご存知でしょうか。
就労移行支援事業所では「障害者総合支援法」に定められた就労支援事業の一つで、一般企業などへの就職を目指す障がいをお持ちの方に対し、就労に必要な知識・能力の向上を目的とした訓練や準備、就職活動支援及び就職後の職場定着支援を行います。

就労移行支援事業所アスクでは、企業で障がい者の採用を担当されている方に、就労移行支援事業所を採用窓口として活用されることをお勧めします。

詳しくはここををクリックしてください。⇒就労移行支援事業所ASKは第2のハローワーク!

2016/10/17

就労移行支援アスク烏丸オフィス 11月無料体験講座のご案内<百聞は一見に如かず>

就労移行支援事業所アスク烏丸オフィスでは、就労移行支援事業所を利用してみたいと考えておられる方や医療機関・支援機関の皆様に、アスク烏丸オフィスで行っている訓練プログラムの一部を体験していただくことで、当事業所での就労移行支援の仕組みや進め方をご理解いただきたいと考えております。

11月は次の日程で体験講座を実施いたしますので、ぜひご参加いただきたくご案内申し上げます。

日付       内容
11月  1日(火)   コミュニケーションスキル 印象の良い挨拶
11月  3日(木)   パソコン訓練 Excel 4級
11月  8日(火)   面接力アップセミナー 模擬面接
11月10日(木)   パソコン訓練 Word 4級
11月15日(火)   コミュニケーションスキル 質問の仕方
11月17日(木)   パソコン訓練 PowerPoint 4級
11月22日(火)   面接力アップセミナー 模擬面接
11月24日(木)   パソコン訓練 Excel 4級
11月29日(火)   コミュニケーションスキル

確認の仕方お申し込み方法は案内チラシに掲載しております。 11月無料体験講座(アスク烏丸オフィス)

2016/10/11

京都 明日、就労移行支援事例研究会を開催します。<お電話でお申し込みください。>

就労移行支援事業所アスク烏丸オフィスでは、明日(10月12日)、支援機関、医療機関、教育機関で障害者の支援を担当されている方を対象とした事例研究会を開催いたします。まだ定員に余裕がありますので、参加ご希望の方は、お電話でお申し込みください。

★10月12日研究会の詳細
テーマ: 発達障害者の就労支援に関する一事例の研究
~アスペルガー症候群と診断された事例の就労移行での訓練から定着支援まで~
日 時:平成 28 年 10 月 12 日(水) 14 時~15 時 30 分 13 時 45 分開場
会 場:アスク烏丸オフィス
京都市中京区高倉通六角西入ル滕屋町 183 オフィス 5 3 階
TEL:075-257-0070 FAX:075-257-0071
地下鉄御池駅 5 番出口より徒歩約 5 分
費 用:無料
定 員:20 名

2016/10/03

就労移行支援事業所アスク烏丸オフィスのパンフレットを公開しました。

京都市中京区で就労移行支援事業を運営しているアスク烏丸オフィスは、障がい者総合支援法に基づき就労支援サービスを提供する福祉事業所です。一般企業で長く働くこと希望する障がいのある方に事業所内外でさまざまな訓練プログラムを提供します。また、就職活動や職場定着をサポートします。

訓練プログラム:ビジネスマナー、コミュニケーション能力、パソコンスキルを含む実務能力、問題発見解決力、企業見学、職場体験(実習)等のプログラムを提供します。

就職活動・職場定着:ハローワーク同行支援、応募書類作成サポート、模擬面接、個別相談、企業見学同行支援、採用試験同行支援、就職後の職場訪問等の就労支援サービスを提供します。

就労移行支援事業所を利用してみたいと考えておられる方や医療機関・支援機関・教育機関の皆様、企業で障がい者雇用に携わっておられる方にアスク烏丸オフィスをご理解いただくために、パンフレットを公開いたしました。

ここをクリックしてください。⇒ アスク烏丸オフィスパンフレット

ご不明な点やご質問がございましたらどうぞご遠慮なくお電話ください。

☎ 075-257-0070